小平市花小金井で口コミ上位の整骨院|鵞足炎

受付時間

リガーレ鍼灸整骨院 0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

鵞足炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の内側が痛い
  • あぐらをかくと痛い
  • 歩くのは大丈夫だが、走ると痛む
  • 特定の動作をすると膝の内側が痛む
  • 痛みや違和感が出ると痛み止めに頼ってしまう
  • スポーツ後に痛くなる

◆鵞足炎とは?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

まず鵞足とは、骨盤を起始とする三つの筋肉である、縫工筋・薄筋・半腱様筋の腱が扇状に広がり脛骨の内側に付着しその部分が水鳥の足のように見えることから鵞足と呼ばれています。

鵞足炎の症状は三つの筋肉が付着する脛骨の内側を押したり、膝を一杯までまで伸ばしたり、抵抗を加えて曲げた際に痛みを伴うものが鵞足炎の症状と疑われます。

◆なぜ鵞足炎になるの?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

では、どもような方が鵞足炎になりやすいか?

特に多いのがスポーツやランニングを多用する方に多く、膝関節を強く曲げたり伸ばしたりする動作により先ほどの三つの筋腱と膝の内側の骨(大腿骨や下腿骨)との間に摩擦が生じやがて炎症を起こします。

サッカーなどのキックする競技は膝を急激に曲げ前に引き付ける働きを繰り返し行う事で、関与する筋肉の緊張が高まりストレスが過剰に掛かり炎症を起こしやすくします。

またテニスなどの横方向への動きが多いスポーツは膝関節外反(膝が内側に入ること)によって炎症が起きることもあります。

膝関節の内側の隙間には半腱様筋腱の走行があり荷重やストレッチなどで度々痛みを感じる事もありますが、内側側副靱帯や内側半月板を痛めている場合もある為、しっかりとした鑑別診断が必要となります。

場合によっては整形外科にてレントゲンやMRIの受診を勧める事もございます。

◆鵞足炎を治療しないと?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

最初のころはウォーミングアップ時に痛むくらいの感覚で温まると感じなくなるというのが症状の初期症状としてあります。

本来ですとこの時期に治療を行いたいですが、そのうち治るだろうと放置しそのまま使い続けてしまう方も少なくありません。

そして炎症が強くなっていき温まってきても痛みを感じ、プレーに支障が出るまでになりやがて日常生活にも痛みを感じるまでになります。

バランスの崩れた状態で競技を続けることは危険で他の関節や筋肉にも負担が増え更に怪我のリスクが上がり最悪の場合、膝の靱帯や半月板を痛めてしまうと長期離脱となってしまう事も少なくありません。

違和感を感じたらすぐに治療を開始することをお勧めいたします!

◆鵞足炎の治療は?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

リガーレ鍼灸整骨院の鵞足炎に対しての治療はまず炎症を抑えるところから始まります。

こちらはハイボルト治療と鍼灸治療により強く出ている炎症部分の膝関節周辺や縫工筋・薄筋・半腱様筋の緊張を緩めていき強い炎症を鎮めます。

基本的に炎症が強く出ている際に、競技を休み治療に専念し通院して頂きます。大会や試合などが近くどうしても続ける際は治療を行いテーピングを施し、プレー後はアイシングを実施します。

炎症が治まってきたら股関節や膝関節周りの筋肉強化やストレッチなどの指導を行い再発しない身体を作ります。

◆鵞足炎の予防は?!/リガーレ鍼灸整骨院(小平市花小金井)

基本的に股関節や膝関節周りの関節可動域が低下し身体の使い方が悪いか筋肉が足りていなく支えれていない場合が多い為、その周りの強化を計ることが予防にも繋がります。

また練習量を変えてみたり、足底のバランスを整える為、インソールを推奨することもございます。

小平市花小金井のリガーレ鍼灸整骨院では鵞足炎に対しての治療を数多く行っております。

鵞足炎の初期症状はなんとなく痛むな~、でもプレーしてしまえば大丈夫というものから始まります。

当院のページを見て、自分の症状は鵞足炎だ!と感じた方は早急に治療を開始しましょう!

早めの治療が長期離脱しない為の鉄則です。

ご不明点は電話かLINEにて行っておりますので、是非お尋ねください!

ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

リガーレ鍼灸整骨院

0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

住所

〒187-0002
東京都小平市花小金井6丁目26−33 ヴィラ花小金井 101F

アクセス

花小金井駅から徒歩4分

access

受付時間

花小金井駅から当院までの道のり