小平市花小金井で口コミ上位の整骨院|寝違え

受付時間

リガーレ鍼灸整骨院 0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

寝違え

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きたら痛くて首が動かない
  • 最近寝違えを良くする
  • うがいや後ろを振り向くと痛い
  • 首や肩が慢性的に凝っている
  • 我慢してたら頭痛もでてきた
  • 安静にしても痛い

寝違えとは?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

寝違えとは主に睡眠中に首や肩に負担の掛かる姿勢を長時間におよび取ってしまうことで起こるもので、朝起床した時には首や肩に痛みを感じるもので急性疼痛性頚部拘縮と呼ばれています。

非常に多くの方が一度は経験があるものではないでしょうか?

その損傷の程度で動かしているうちに緩和してくるものから、呼吸をしているだけでも痛い。と言ったものまで様々です。

ですが呼吸をするだけでも痛いとなると仕事はおろか日常生活にも支障をきたしてしまいます。

寝違えのほとんどが筋肉などの軟部組織の緊張か椎間関節のの問題とされていますが、症状が変わらない場合やあまりにも頻繁に寝違えを起こしたりする場合は注意が必要です。

寝違えの原因は?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

ではこの寝違えなぜ起きた時には動かすのがしんどいくらい損傷しているのでしょうか?

原因はいくつか考えられます。

①肉体的な疲労

肉体疲労が原因とされる寝違えは一番多いとされています。

元々、首や肩の筋肉の緊張が強い方や疲労をしている方に急激な負荷(重い荷物を無理な姿勢で持った・スポーツで急激な動きがあった・)が掛かった後に痛めた例が多くあります。

明確な理由が見当たらい場合でも、普段から疲労している方は首周りの筋肉の緊張も高く柔軟性が低い為、ごく僅かな衝撃でも痛めてしまうケースもありますし、PC作業が多い場合やスマホを見ている姿勢も首周りの緊張を高める原因となります。

②精神的な疲労

ストレス社会の現代では精神的な状態が不安定になり自律神経のバランスが悪くなり交感神経が高くなっている時間が長いと常に緊張している為、肩に力が入っている状態になります。

ストレスは自分自身が自覚している場合もあればそうでない場合もあります。

睡眠中は基本的には副交感神経が優位になっている時間ですがストレスが強い方は寝つきも悪く睡眠中も力が抜けていない場合が多くその間に痛める可能性も高いとされます。

③寝具や就寝時の姿勢

およそ平均睡眠時間は6~7時間とされますがこの時間うまく寝返りなどをうたないと同じ姿勢で固まってしまいます。

それに付随して疲労も重なっていると本来であれば悪い姿勢で寝ていたら寝返りをうって直すはずがそのままの姿勢で朝まで寝てしまって首や肩の筋肉が長時間に渡り異常に伸ばされて寝違えを起こすことも多々あります。

また高すぎる枕は頸椎に負担が掛かりますし、柔らかすぎる布団や枕はかえって寝返りをうちづらくします。

寝具の寿命もおよそ三年と言われますので劣化したものをずっと使用していると身体の負担となりそれが寝違えの原因となったりすることもあります。

④食生活の乱れ

現代人はジャンクフードが多く、寝る数時間前にガッツリした食事を食べる方が多く消化に時間が掛かる為、内臓の疲労を招きます。

本来寝ている間に身体の回復は行われますが、夜遅くに食べた物は寝ている間に消化させていますので実は全然肉体の回復が行われません。

その結果、姿勢不良で寝てしまい寝違えを起こすことも少なくありません。

寝違えにはおおよそこのような原因があるとされます。

多くは寝ている際の不良姿勢が引き金となりますがその背景にはこれらのような原因が潜んでいることが多いとされます。

寝違えを放置すると?!|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

寝違えは殆どの場合炎症が強く出ても2~3日くらいでその後は徐々に痛みが引いて通常通りに動かせるようになります。

しかし、寝違えが頻繁に起こったり手先の痺れなどが出るようになってしまう時はただの寝違えで済まされず、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群などを合併していることがありますので痛みを感じたら放置せずに早く治療をすることが望ましいとされます。

寝違えが起きたら!?

では実際に寝違えが起きてしまったら!?
まずは無理に動かさないようにしましょう。

程度によりますが痛みが強い時は1㎜でも動かしたら痛いので動かさないようにします。

よく冷やした方が良いか?温めた方が良いか?と聞かれますがこれは答えはなく楽な方をするとよいと思います。

打撲や捻挫でパンパンに腫れて熱を帯びているときはアイシングを行いますが寝違えやギックリ腰のように腫れがない時には楽な方をするのが鉄則です。

寝違え治療は?|小平市 リガーレ鍼灸整骨院

当院ではまず炎症の起きた首や肩の筋肉や周りの組織に対して強くマッサージをしたりは致しません。
かえって炎症を助長する場合が多い為です。

炎症の強く出る1~3日は消炎鎮痛に努めます。

当院では消炎鎮痛作用に最も優れたハイボルト治療と鍼灸治療で炎症を極力抑えます。

初期治療がその後の治癒までの期間を大きく左右するので自宅に帰ってからも自己治癒力が上げられるように伊藤超短波のAT miniをお貸しして寝ている間も付けておいてもらいます。

炎症期が過ぎたら動かしていない間に固まった肩甲骨や胸椎の可動域を上げていくために筋膜リリースストレッチを行い血流を良くしていきます。

寝違え治療などの炎症が強い疾患は特に初期処置を正しく行うことで、その後の生活に大きく影響されます。

寝違えでお困りの方、普段から首や肩の不快感でお悩みの方は小平市花小金井のリガーレ鍼灸整骨院まで一度ご連絡下さい。

お問い合わせ

リガーレ鍼灸整骨院

0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

住所

〒187-0002
東京都小平市花小金井6丁目26−33 ヴィラ花小金井 101F

アクセス

花小金井駅から徒歩4分

access

受付時間

花小金井駅から当院までの道のり