小平市花小金井で口コミ上位の整骨院|シンスプリント

受付時間

リガーレ鍼灸整骨院 0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • すねの下が痛む
  • 運動をするとすねが痛む
  • すねの下が腫れている
  • すねの下に熱さがある
  • すねの筋肉を指で押すとい痛い

シンスプリントとは?!|リガーレ鍼灸整骨院(小平市花小金井)

運動した後または運動をしている時にすねの中央から下1/3の内側の周辺に広い範囲で痛みが起こります。

過労性障害いわゆる使い過ぎによるもので、脛骨過労性(疲労性)骨膜炎とも呼ばれたりしています。

つま先立ちをしたりするときに使う筋肉や運動の際に繰り返し加えられる牽引により、すねの骨の骨膜といわれるところの炎症が起きている状態です。

陸上選手や走ることの多いサッカーやバスケットボール選手に多くみられます。

なぜシンスプリントになるの?!|リガーレ鍼灸整骨院(小平市花小金井)

シンスプリントになる原因はいくつかります。

運動習慣を身に着けようとランニングを始めた際の初心者の走り始めやスポーツ選手が走り込んだりする際に多く発生します。

また、ランニングの際の走る場所にも関係してきます。地面がかたいグラウンドやアスファルトの路面は足を衝いた際の衝撃が大きくすねの筋肉に負担がかかります。

シンスプリントになりやすい足の形もあります。

偏平足、回内足といわれるものです。

偏平足とは、正常であれなば足の中央にアーチ(土踏まず)がみられるのが存在しないで平坦になっているように見える足のことです。

偏平足だと地面からの衝撃の緩和や吸収がしっかりとできず、足全体に負担がかかります。

回内足とは、土踏まずのところの筋力が低下し足首の関節が内側にねじれて足首が内側に過度に傾いた状態(かかとが内側に傾いている)の脚のことをいいます。

こちらもすねの筋肉に過剰にかかってしまい炎症を起こしやすくなります。

また、足の関節の柔軟性の低下、膝から下の筋肉の筋力不足もあった場合はトレーニングの疲労が蓄積したころにシンスプリントを発症しやすくなります。

シンスプリントを治療しないと?!|リガーレ鍼灸整骨院(小平市花小金井)

シンスプリントが進行すると疲労骨折につながってしまいます。

疲労骨折とは、通常では骨折が生じない程度の力が同じ場所に繰り返し加えられることで生じる骨折です。

痛みを我慢して運動を続けてしまうと骨膜の炎症がひどくなり疲労骨折を引き起こします。シンスプリントと疲労骨折の違いは以下の通りです。

  シンスプリント 疲労骨折
発症部位 すねの内側の下1/3 すねの内側の上中下いずれにも
両足での発症 比較的多い 極めて少ない
痛みの部位 広範囲 局所的

シンスプリントと疲労骨折を見極めるにはMRIによる画像診断が有効です。

当院で疲労骨折の疑いがある場合は病院を紹介いたします。

リガーレ鍼灸整骨院のシンスプリント治療は?|リガーレ鍼灸整骨院(小平市花小金井)

当院でのシンスプリント治療はまず骨膜炎による炎症を抑える事から始まります。

骨膜炎の炎症の状態によっては腫れが強かったり熱感が強く出てしまっているものもございます。

鎮痛作用の高い鍼灸治療やハイボルト治療を行い、自覚している痛みや炎症を抑えていきます。

炎症が治まってきたら、骨を強く引っ張ってしまっているある筋肉に対して治療を施していきシンスプリントが起きないようなバランスの良い下腿を作っていきます。

場合によってはインソール(靴の中敷)も検討して頂きます。

インソールを入れる事により足底のアーチを正しくする事が可能になりそれが結果的に下腿の筋肉の過剰な負担にならずにシンスプリントを予防する事になります。

シンスプリントは特にマラソンやサッカー、バスケットなど走る競技に頻発します。

放置してしまうと良いパフォーマンスが出来ませんし、疲労骨折してしまうと長期離脱になる場合もあります。

是非、違和感や軽い痛みのうちに早めの治療を行う事をお勧めします。

小平市花小金井のリガーレ鍼灸整骨院ではシンスプリントの方の治療を数多く行っております。

上記のような症状でお困りの方はお電話かLINEにてお問い合わせ下さいね!

お問い合わせ

リガーレ鍼灸整骨院

0424452421

リガーレ鍼灸整骨院 LINE

住所

〒187-0002
東京都小平市花小金井6丁目26−33 ヴィラ花小金井 101F

アクセス

花小金井駅から徒歩4分

access

受付時間

花小金井駅から当院までの道のり